ロシア料理レストラン ロゴスキー <渋谷から銀座へ>

Russian Restaurant ROGOVSKI

お電話からのご予約はこちら
03-6274-6670
  • RESERVATION

Yahoo!予約で予約する
ABOUT US


1951年創業。日本で最初のロシア料理レストラン「ロゴスキー」
「素朴なのに深く、初めてなのに、懐かしい」

1951年に創業したロゴスキーは、渋谷の片隅の小さな店でのスタートでした。
当時、日本人にはなじみのなかったピロシキやボルシチを、創業者夫婦の「この美味しい料理を日本に広めたい」という熱い思いと、後に続く調理人たちがその思いを受け継ぎコツコツと丁寧に作り続け、気がつけば創業70年も目前。
有難いことに、ロゴスキー独自のレシピは日本中に、美味しいロシア料理として、広く知られるところとなりました。
ロゴスキー独自のレシピとは、名物料理「いなか風ボルシチ」や「肉ピロシキ」「ロシア紅茶」などですが、これらは、創業当時手に入る材料で、日本人のお客様が口に運んでもらえ、「美味しい」と思ってもらえる味を追求して生まれました。
初代調理長(創業者の妻)が日本で初めてのロシア料理本を書き、ロシア講習会を全国行脚した時代があったことから、そのレシピは多くの調理人に受け継がれ、今、日本で、「ボルシチ」「ピロシキ」「ロシアンティー」と聞いて多くの方がイメージするものは、ロゴスキーのレシピによるものが大変多く、これは本当に名誉なことだと感じています。
そういった伝統の名物料理に加え、ロシアでの人気料理「毛皮のコートを着たにしん」なども次々にメニューに取り入れ、時代に合わせた料理の研究開発も行い、質の高い肉料理への挑戦など、試行錯誤しつつ、毎日レシピの見直しを欠かさず続けています。
「ロゴスキーの料理は変わらない」と思われるのならば、それは毎日変化しつづけている証拠です。本当に「変わらない」としたら、それはただ古くさいものになっていくだけだからです。
「いなか風ボルシチ」や「肉ピロシキ」「ロシア紅茶」も、その時代の感性や食材、人々の味覚の変化に合わせて、常に変化しています。
「素朴なのに深く、初めてなのに懐かしい」という店のキャッチフレーズのように、料理も雰囲気もすべて、そう感じていただけることが願いです。
食事は美味しいことが何よりも優先されます。
そのためには、料理を美味しく作ることはもちろん、きれいな盛り付けをすること、それを温かいうちに運ぶこと、笑顔で気持ちよく接すること。
それらがすべて総合されて、「美味しい」というお客様の舌の記憶と、楽しい思い出に変わるのだと思います。
2015年3月に、ロゴスキーは再開発のため長年営業した渋谷を離れることになりました。
その際には、別れを惜しむ連日のお客様の長蛇の列と、ロゴスキーが「家族の思い出の場所」だという温かいお手紙をたくさんいただきました。
スタッフ皆、ありがたい思いと続けてきたことの重みを感じ、また、ロゴスキーは店の思惑で出来ているものではなく、 この店を愛してくださるお客様との共有物なのだと思い知らされた出来事でした。
そんな思いを胸に、同年9月銀座に移転してきました。この店は、渋谷の店を愛してくださったお客様が生み出しました。
ロゴスキーは、店とお客様の共同作品。それはずっと変わりません
2020年にはオリンピックもあるこの街で、これからもお客様とともに、日本におけるロシア料理の新しい歴史を紡ぎ続けます。
沿革
1951年(昭和26年) 3月渋谷駅前で日本初のロシア料理専門店「ロゴスキー」開店
1965年(昭和40年) 東急プラザ渋谷開業とともに「渋谷ロゴスキー」として移転
1968年(昭和43年) 世田谷にセントラルキッチン開設(現在も操業中)
1970年(昭和45年)〜2009年(平成11年) 渋谷桜ヶ丘に本館、横浜ジョイナスに横浜店、デパート地下食料品売り場に8店舗出店世田谷区にロゴスキー深沢カフェ、(現在はいづれも閉店)
2014年(平成26年) 日本初のネットによるロシア料理専門の通信販売「ロシア料理通販ロシアの食卓」開店
2015年(平成27年)3月 渋谷再開発による東急プラザ渋谷の閉館により「渋谷ロゴスキー東急プラザ店」閉店
2015年(平成27年)9月 銀座5丁目EXITMELSA(イグジットメルサ)7階に「ロシア料理レストラン 渋谷ロゴスキー銀座本店」開店
2017年(平成29年)6月 店名を「ロシア料理レストラン ロゴスキー Russian Restaurant ROGOVSKI」に変更。現在営業中。
その他 デパート催事年間約 40 回受注( (株)東急百貨店、 (株)三越伊勢丹 ホールディングスなど)
「ヨーロッパでもあり、アジアでもある」ロシア料理とは
ロシア料理とはいったい何でしょう?
ロシア料理は、中世から20世紀初頭のロシア革命まで、農民料理と貴族料理に二分されていました。
農民料理は主に「黒パン」「シチー(スープ)」「カーシャ(粥)」でした。
貴族料理は豪華絢爛の極みでした。
「肉の丸焼き」、「パイ」、「ピロシキ」「クレビヤーカ」「ワイン」、珍しい食材や新しい料理が次から次へと毎日何時間もかけて作られました。
フランス料理と影響を与え合い、現代のフランス料理を語る上で、ロシア料理は欠かせない存在でした。
その一例が料理の出し方にあります。
その昔、フランスでは料理を順番に出すことはなく、一度にテーブルに並べていました。
一皿づつ順番に出す料理の出し方は、「温かい料理を温かく」というロシア料理から生まれました。
逆にフランスからもたくさんの刺激を受け、「ビーフストロガノフ」などの独創的な料理が作られました。
また、雪の中「遠路はるばるやってきたお客様をお待たせしない」というホスピタリティの気持ちから、ロシア料理は前菜がたくさん生まれました。
そして、時代はソビエトに移り、東は日本海に面するウラジオストクから、西はフィンランド湾に面するサンクトペテルブルク(レニングラード)まで、南は、ジョージアやウズベキスタンまでが一つの国になりました。
アジアからヨーロッパまで網羅する広大な国になり、一言では語れないほど、料理は奥行きを持ちました。
アジアから入った水餃子「ペリメニ」、コーカサスから入った「シャシリク」、中央アジアから入った「プロフ(ピラフ)」などがロシア全土に広まっていきました。
ウクライナ発祥の「ボルシチ」も本格的にロシア料理と呼ばれるようになったのもこの頃です。
現代の「ロシア料理」は、この時代に確立しました。
またその後ソ連崩壊後に、西側文化の流入があり、より多彩な料理へと発展していきました。
アジアでもあり、ヨーロッパでもある広大な地域を網羅し、たくさんの国や民族の融合が生み出した、魅力的な料理文化。それが、「ロシア料理」です。
会社概要
■会社名 有限会社ロゴスキー
■代表者 横地博
■事業内容 ロシア料理レストラン及び付帯業務(デパート催事、通信販売など)
■本社所在地 東京都世田谷区弦巻5-14-25  本社・セントラルキッチン
■連絡先 代表電話 03-3428-7284
店舗案内
■レストラン ロシア料理レストラン ロゴスキー Russian Restaurant ROGOVSKI
東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA 7F
連絡先代表電話 03-6274-6670
URL.http://www.rogovski.co.jp/
■ネットショップ ロシア料理通販ロシアの食卓 ロゴスキーオンラインショップ
URL.http://www.russian-food.jp/
 
 
金線 金線